FC2ブログ

The Art Islands in Tokyo伊豆大島・新島で開催

The Plan for Art Exhibitions in Islands of Tokyo. 太平洋に浮かぶ緑多き島々。その島をアートの航路で結ぶのだ。首都東京の摩天楼に挟まれた水路を進むその船は、都市と島々と人々をアートで繋ぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振り返ってみて

きのう高田実行委員長ご夫妻が東京へ戻られて、大島から作品展の気配が消えました。
何事もなかったような、つい2,3日前のことなのに、夏の祭りの後といった感じですか。
3回目を迎えた作品展、今年は新島と同時開催や島ガールモニターツアーの実施、大島ではワークショップやパフォーマンスも行われました。
大島で言えば入場者数は去年よりも減っているようです、モニターツアーの結果はどうだったでしょうか、第4回に向けた課題が見えてくるでしょうか。

結果的にはこのブログは私一人で「更新」してきました、パスワードを知らせて多くの人が記事を載せてもらえれば・・・とも思いましたが今日まで来てしまいました。
まあ、速報という役割と記録に残す、という使命から更新をしてきましたが、アクセスが多い日で40人、少ない日で3人くらいの実績ではかけた時間数から言えば完敗かもしれませんね。
そんな話しを事務局にしたら、今後はフェースブックに登録してやってゆこう、そう提案されました、どんな物になるのか知りませんが、多くの人が見てくれて、ああだこうだと感想が飛び交うようなものになれば、よいと思います。
実行委員長が席をはずした時に、奥さんに「エネルギーの素はどこから来るのですか、山積したものの解決マンとしてもういやだってゆってませんか」と聞いてみました。本人がちょうど戻ってきてしまって詳しくは聞けませんでした。奥さんは笑ってましたから「きっと来年も再来年もやるだろうと思っていますよ」そんな風に伝わってきたように感じました。さてどうでしょうか。
だんだんと自作を並べるだけではなく、大島へ来て感じたこと、大島を題材としたり大島の素材を使ったりという作家さんが増えてきたように感じます。先々を楽しみにしつつとりあえずの感想を述べてみました。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/20(金) 12:40:29|
  2. アートアイランド情報/General Info.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アートアイランズブログ開設に | ホーム | 無事に終了となりました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artislandsintokyo.blog119.fc2.com/tb.php/144-a79f6565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アートアイランド / Art Islands

Author:アートアイランド / Art Islands
東京の島々を結ぶアート航路開発委員会が開催する現代美術展をデーターを委員会からいただきつつ作家を迎える現地の目線(ほとんど素人)で紹介

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

アートアイランド情報/General Info. (128)
大島への行き方/Transportation (3)
ワークショップ/Workshop (2)
ボランティア募集/Volunteers (0)
協賛会員募集/Sponsors (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

波浮港現代美術展24.7.14からの入場

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。